人間関係

甥っ子や姪っ子にあげる入園祝い・入学祝いの金額と時期

投稿日:

入学祝いって何をあげればいいのだろう

かわいい甥っ子や姪っ子の入学祝い。

失礼のないようにしたいですよね。

でも、近くに住んでいなければ好みも興味があるものも、なかなかわからないですよね。

それでなくても、子どもの興味はコロコロ変わりますからね。

今回は、祖父母ではなく、親戚(叔父や叔母)や友人の子どもへの入園、入学祝いについて調べてみました。

そんな人は、参考にしてみてください。

親戚や友人の子どもへの入学祝のお金と相場はいくら?

一番多いお祝いが、現金です。

だけど、生々しいとお考えの人は、ギフト券や図書カードにするのがおすすめです。

そこで、お祝い金の相場を調べてみました。

図書館でいろいろマナーブックを参考にしました。

 金額の相場
幼稚園・保育園3,000~5,000円
小学生5,000~10,000円
中高生10,000~20,000円
専門学校・大学生10,000~30,000円

年齢が大きくなるにつれて金額も大きくなります。

小学生以上は、10,000円と思っておくとよさそうです。

相場を参考にお祝い袋などに入れて渡しましょう。

 

心のこもった入学祝いのプレゼントでおすすめなもの

小学生と中高生では、その内容が少し変わるようです。

小学生は、まだまだアナログな商品が喜ばれる傾向にあり、中高生は、デジタルなものへの移行しているトレンドがあります。

しかし、中高生になると好みもはっきりしてくるので、お正月にでも会った際にそれとなく欲しいものなどを聞いておくのも手です。

小学生の入学祝い

  • 文房具セット
  • ギフト券や図書カード
  • 図鑑や辞書
  • 地球儀
  • リュック(遠足用)
  • 洋服や靴

ただ、文房具に関しては学校指定などがある場合があるので、事前に確認をしましょう。

中高生・大学生の入学祝い

  • 電子辞書
  • ギフト券や図書カード
  • 部活で使うバックやリュック
  • スマホやタブレット
  • 名前入りのペン

時計などもありますが、スマホを持つ時代になりなかなか身に着ける習慣がなくなっているかもしれません。また、親がプレゼントするケースが多いのが特徴です。

 

いつまでに入学祝いを渡すのがマナーなのか

時期は、入学式の2~3週間前が一般的です。

「親しき仲にも礼儀あり」という考えが一般的で、入学前に渡しましょう。

 

忙しくて時間がとれない場合などは電話を先に入れて

「今度渡すからね。」と伝えるのもいいと思います。

入学おめでとう!という気持ちが大事だと思うのです。

 

入学祝いの時期や金額まとめ

一般的には、1万円が相場で時期は2~3週間前に渡すのがよさそうです。

高校や大学生には、もう少し金額を増やして渡す方もいるようなので、すでに自分の家がもらっていれば同額や同程度で考えておけばいいでしょう。

何より、もらった本人が喜んでもらえるものだと良いですね。

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ランキングに参加

ランキングに参加しています。
クリックしてもらえると、とてもうれしいです!(^^)!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へにほんブログ村 美容ブログ 30代女磨きへ

他にどれを読む?

人気記事

1

我が家では、最近、意識的に外食の数を減らそうとしています。 もちろんお財布にも優しいし何より、良いものが家の方が食べられる。 バランスも良く食べられるのがメリットだと思います。 そして、家族とゆっくり ...

野菜消費の推移 2

こんにちは、滝川です。 最近、ママ友からブロッコリーをよくおすそ分けして頂いています。 新鮮なお野菜っておいしいですよね。スーパーのブロッコリーにはそれほど食いつかない子どもたちですが、その新鮮で、と ...

葉酸を摂取する妊婦 3

私が初めて妊娠したのが5年以上前になるのでそのころから葉酸は、摂取した方がいいよという情報は確かにありました。 たぶん育児雑誌が教えてくれました。 でも、妊娠したらという情報だったと思います。知識が甘 ...

背中スイッチ 4

始めての出産の時 「あれも、これも」と子供の為といいつつで育児用品を買いそろえようとしていませんか? 特に、産休に入ると子供だけに意識が集中しやすくなり、出産準備に力が入ります。 私もそうでした。 育 ...

会社で子供の話ばかり 5

会社で子供の話をしすぎている人、嫌われます。 それは、相手に子供がいても同じです。 相手に子どもがいなければ、もっと気を付ける 相手に子供がいない場合は、もっと気を付けた方がいいと思います。それは、子 ...

-人間関係

Copyright© ママランス , 2018 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。