家事

住まいの汚れの正体はたった4つだけ!

投稿日:

年末に向けて大掃除の準備をしていますか?

「汚しているつもりはないのに、なんでこんなに汚いの?」

「どうやったら簡単に掃除ができるの?」

そんな風に思っている人は、汚れの正体を見極めて、賢くお掃除してみましょう。

私は、あんまり重曹やクエン酸を使いこなしてこなかったので、そういうホームセンターで売っている洗剤をどう使うかを簡単にまとめました。

汚れを理解することが、効率よくお掃除するコツかもしれません。

それでは、いってみましょう♪

生活汚れは、大きくわけて4つ!

1 アルカリの汚れ

アルカリ汚れの代表は、水垢せっけんかす

蛇口まわりやシンク、浴室の鏡など

また、トイレの汚れの尿石と呼ばれる頑固な汚れは、アルカリ性のアンモニアに変化しています。

→アルカリ汚れは、酸性の洗剤を使おう

重曹よりもセスキ炭酸ナトリウムの方が強力です。

2 酸性の汚れ

油汚れ、ごみの腐敗臭、人間の体内から出た皮脂あか

家の中の汚れのだいたいは、この酸性の汚れ。

キッチン、リビング、床や壁、窓、家電、浴槽の中など広範囲。

→酸性汚れは、アルカリ性の洗剤を使おう

3 ホコリ

部屋の隅や家具の上にたまるホコリは、中性の汚れ。

おもに、洋服や布団などの繊維から出るかけらや、砂などです。

ダニや悪臭の原因にもなるので、こまめに取り除きたいものです。

我が家の中性汚れのアルコールは、キッチンでも使えるジェームズマーティン!

見た目も好きだし、ついついリピートしています。

4 カビ

カビは、お風呂など高温だったり、湿度と水分、エサとなる汚れがあるところに発生する雑菌

キッチン周りや結露しやすい窓なんかにも発生します。

発生すると厄介なので、こまめな掃除で落とすなど予防に力を入れたいところです。

頑固なカビにおすすめのカビ取り剤。

ユニットバスのコーキングが黒くなっても慌てなくなりました。

これを塗ってしばらく置くと、カビが白くなるので、お風呂掃除が簡単です!!

汚れに最適な洗剤を選ぶコツ

だいたい汚れの種類はわかったかと思います。

そこで必要なのが、どんな洗剤が良いのかということ。

ホームセンターなどでもよく売っている洗剤をわかりやすくまとめました。

掃除の汚れの種類

アルカリの汚れには、クエン酸などの酸性洗剤を。

酸性の汚れには、重曹などのアルカリ洗剤を使うのです。

油汚れなど落ちにくい汚れは、ph値の高い過炭酸ナトリウムなどを選ぶと効果的です。

また、軽い油汚れや中性の汚れ、除菌をしたい場合などはアルコールで掃除をしましょう。

まとめ

洗剤っていまいち使い方がわからなかったりしますよね。

汚れについてしっていると、すんなり選べるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ランキングに参加

ランキングに参加しています。
クリックしてもらえると、とてもうれしいです!(^^)!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へにほんブログ村 美容ブログ 30代女磨きへ

他にどれを読む?

-家事

Copyright© ママランス , 2018 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。