家事

家事をサボって責められたらツライよね~

更新日:

「家事」ってノンストップで毎日しなくちゃいけないわけで、女性進出って騒がれているけど女の負担ってどんどん増えていると思うんです。

朝、仕事の行く時間なのに家事がまわらないから、家帰ってからゆっくりやろうとか日常茶飯事だし

せっかく片づけてキレイにしたと思ったら、一瞬でぐちゃぐちゃに部屋がなって

「はぁ~」

ってなることだって当たり前だし、

そんなことで、いちいち子どもに怒ってても仕方ないし。

 

それで、体調が悪かったり、サボったりして、部屋が片付いていないことなんて、普通に起こる日常だし。

そんな時に限って、平気で旦那や周りから、心無い一言を言われたら、カチンってくるの当たり前だと思うんですよ。

「だったらやってみてよ~」

と言いたくもなると思うんですよ。

そんな話を同僚にされました。そこで、家事と夫婦、解決策を考えてみました。

完璧を求めすぎちゃいけない

夫婦であっても個人は、尊重しなくちゃいけないですよ。

相手が思い通りになるなんてことは絶対にないんだから。

相手に何かをやってもらうなら、自分が変わる方が早いと思うんです。

自分で家事をやっているならまだしも、妻もしくは旦那に家事を押し付けておいて文句を言うのは違います。

「俺は仕事して生活費を稼いでいるんだから、家事を完璧にやれっ!」

って勘違いな気がするんですよね。

いまだに、古き良き時代の男性像のままの人があまりにも多い。

 

そもそも、一緒にいたいから結婚したと思うんですよ。

家事をして欲しいから結婚をしたなんて人は少数派なはずです。

 

子どもは、女性にしか産めません。

だから子育てをするために仕事を辞めたり、育休をとっている時に家事は、女性がする流れってどうしても仕方ない部分があると思うのです。

 

だからと言って、女だけが完璧に家事をこなす必要はないと思っています。

頑張りすぎないことが重要だし、完璧じゃなくても目をつぶる優しさがあってもいいんじゃないでしょうか。

 

大人なんだから、相手の悪い部分を「許す」ことも必要だと思うんです。

 

妥協点を探す努力は必要

「私ばっかり家事をしているのに~」と不満に思っている妻に対して、

「もっときれいにしろ」「仕事もしないで時間があるんだから、家事をしっかりやれ」

って言うだけでは何の解決にもならないってこと早く気づいて欲しいですよ。

 

夫婦にとっての妥協点。家事の妥協点はどこなんでしょうか。

それこそ夫婦それぞれですが、答えを見つけるには、お互いの価値観を主張しながら探るしかありません。

 

日本のママたちは、家事を背負いすぎ

日本のママたちは、仕事、子育て、家事と本当に忙しく生活している人が多い。

朝の保育園の送り迎えを小走りにしているママを見ると本当に応援したい気持ちになります。

「あなたは、えらい!!」

と。

国際社会調査プログラム(ISSP)が2012年に実施した「家族と性役割に関する意識調査」では、日本の男性の家事分担率は、女性の約5分の1です。

他の国は、女性の「社会進出」にともない男性の「家事負担」が増えているのに、日本は、世界的にみても「男は、仕事。女は家庭。」という考えが色濃く残っているんです。

 

だけど、そんな考え方が浸透している日本で、ママの負担を軽くする方法ってないの?

そんな気持ちがでてきました。

小さい子どもがいる家庭ほどもっとママの家事負担を少なくすべき

やってみたらわかるんですが、小さい子どもがいる家庭は、大人の感覚で考えてたらアウト。

実際は、予測不可能なことや、ハプニングがつきもの。

成長するまでが、楽しくもあり、大変なんです。

 

旦那に家事をもっとお願いしたい。

でもやってくれない。

人を変えるのって、本当に時間がかかるし、目に見えた成果を出すのは大変。

 

だから、旦那以外に頼れるものに頼るのが一番手っ取り早いのです。

ママの家事負担がぐっと少なくなります。

家事に投資をしよう

旦那を変えるのが大変なら、自分を変える方が簡単です。

生活スタイルを少し変化させるのがベスト。

 

主婦は、投資って概念があまりないけれど、家事に投資をした方が、やりたい事に時間をさけるしおすすめ。

毎日洗濯を干すのってめんどくさいし、食器洗うのだって同じ作業。

掃除だって、ロボットに任せれば毎日の10分が他のことに使えるんです。

なかなかとれない、「自分のためだけの時間」を持てるんです。

少しでも家事をラクにしたいなら買っても良いですよね。

年末の大掃除は、手間のかかるものを業者にお願いするのも手です。

  • エアコン掃除は、年に1度外注に出す
  • 年末にお掃除を業者に頼む

それだけでもずいぶんと精神的負担はらくになるはず。

その空いた時間で、旅行に行っても良いですし、ショッピングにでかけるのもありです。

家事に投資をすれば

  • 洗濯機だけ回してほしていない服
  • 洗ってないお皿の山
  • 散らかった部屋

そんなのが、解消できます。

さらには、年末の大掃除だって業者にハウスクリーニングを頼めば、普通の掃除では落ちない隅々の汚れまでキレイにしてくれて気持ちよく新年を迎えられます。

お金がかかっても、時間を買うことって有意義だと思うんですよね。

ハウスクリーニングは、全国対応の”おそうじ本舗”が便利

ハウスクリーニングだって、やってもらいたい場所を予算によって選べるんです。

日々の掃除では落ちない汚れを一気にキレイにしてもらえます!

 

自分の負担を減らすことで精神的なゆとりがでる

生活していく上では、家事も大事。

仕事も大事。

子育ても大事。

だけど、時間は限られているし、やることに追われている忙しい現代人。

上手に時間を使うために、他人に任せられるところは任せるっていうのが、家事でも仕事でも大事なのかもしれません。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ランキングに参加

ランキングに参加しています。
クリックしてもらえると、とてもうれしいです!(^^)!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へにほんブログ村 美容ブログ 30代女磨きへ

他にどれを読む?

-家事

Copyright© ママランス , 2018 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。