日常のあれこれ

年賀状書く意味ある!?メリット・デメリット

更新日:

年賀状って本当に必要でしょうか。

私は、年賀状を頂くと本当にうれしいし、元旦にどんな顔ぶれが年賀状をくれたのかとわくわくします。

嵐の年賀状のCM効果もあってか!?私の年賀状にまつわる思い2015年バージョンを書きたいと思います。

年賀状のメリットデメリット

年賀状はメールより、一言コメントをわざわざ書いてくれたのかと思うとうれしくなるものです。

 

でも、年賀状が迷惑と思う人もいるのです。

それに気づいてからは私も仲のいい友人が不妊治療で悩んでいたり、独身の友人に子供を載せた写真付きの年賀状を出すのにためらい

・送らない

・別のデザインで送る

何て選択肢を増やしできるだけ配慮をしながら送ってみています。相手の状況次第で毎年悩みます。

 

年賀状作るのって大変だし、ちょっぴり憂鬱ですが家族ができるとそう簡単に「今年からやめます!」なんて決断もできません。

しかも我が家の場合、旦那様は”宛名の管理”のみなのです。だからハガキの手配から投函までほとんど私が作る。(負担が多い・・・)

結局、旦那様の友人や恩師、上司への挨拶もできればしておいた方がいいと思うし。(打算的ですが、出世のため・・・感謝のため・・・・)

一枚52円で、新年の挨拶ができればそれに越したことないしと思うと書いておくかと毎年重い腰を上げるわけです。

年賀状を出すか出さないかなんて個人の自由だし、辞めたければ辞めればいいというのが個人の見解ではあります。ぎりぎりになってバタバタしないように、今年は早めに準備したいと思います。

年賀状がらくになる!主婦にうれしい年賀状印刷が安いところ5選

年賀状の季節がやってきました。 気が重い人も多いのでは? 私は毎年、仕事納めのあとに慌てて作っています。 我が家は、プリンターの調子が悪くて、今年はネット印刷にお願いしようと思っています。 色々調べて ...

年賀状を出すメリット

  • 恩師や上司、お客様、家族や友人に新年のご挨拶ができる。
  • 生存確認ができる。
  • 近況報告ができる。
  • 一年に一度でも自分を思い出してもらえる。
  • 普段会わない人に年賀状を出すと会話が生まれ、久々の再会につながる。

年賀状を出すデメリット

  • お金がかかる。1枚52円(プラス印刷代)がかかる。
  • 相手に不愉快な気持ちにさせる場合もある。
  • 相手が管理に困る。(これは、人によりますよね。)

それでも年賀状を出す理由

こうやって整理してもパッと思いつくだけでもデメリットは少ない事に気づきます。

だから、感謝を表すツールとして今年も、出したい人には、出す!に決定です。

印刷だけの年賀状ってちょっぴりがっかりしたりしますもんね。

来たら出すよ!って消極的発想の人もとても多くなっていると思います。

 

そうではなく、メールでも年賀状でも心のこもったメッセージを書くことを心がける。

もらって喜んでもらえるものを目指す。私の感謝表明です。
子供が小さいと遠くの友人は、どんどん疎遠になってしまします。そんな友達に連絡できるきっかけだと私は思うのです。

退職してしまっている会社の上司への感謝の報告もしたいと思います。中には子供の成長を喜んでくれる人もいます。

相手の事を考えながらバージョンを考えて、書く!!

媒体は、問わない!

毎年年賀状を頂いている方には、イラストレーターも使えるようになったので、自己満足の年賀状を出すつもりです。

年賀状でちょっとの幸せが広がればいいなぁと思った滝川でした。

 

それでも年賀状がめんどくさいと思う方は、ネット印刷を賢く利用するのがベターです。

早期割引のあるデザイナーテンプレートでスマホからでも簡単に注文できます。

年賀状がらくになる!主婦にうれしい年賀状印刷が安いところ5選

年賀状の季節がやってきました。 気が重い人も多いのでは? 私は毎年、仕事納めのあとに慌てて作っています。 我が家は、プリンターの調子が悪くて、今年はネット印刷にお願いしようと思っています。 色々調べて ...

年賀状で悩むぐらいなら、ささっと注文してしまうのも手ですね。

 

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ランキングに参加

ランキングに参加しています。
クリックしてもらえると、とてもうれしいです!(^^)!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へにほんブログ村 美容ブログ 30代女磨きへ

他にどれを読む?

人気記事

1

我が家では、最近、意識的に外食の数を減らそうとしています。 もちろんお財布にも優しいし何より、良いものが家の方が食べられる。 バランスも良く食べられるのがメリットだと思います。 そして、家族とゆっくり ...

野菜消費の推移 2

こんにちは、滝川です。 最近、ママ友からブロッコリーをよくおすそ分けして頂いています。 新鮮なお野菜っておいしいですよね。スーパーのブロッコリーにはそれほど食いつかない子どもたちですが、その新鮮で、と ...

葉酸を摂取する妊婦 3

私が初めて妊娠したのが5年以上前になるのでそのころから葉酸は、摂取した方がいいよという情報は確かにありました。 たぶん育児雑誌が教えてくれました。 でも、妊娠したらという情報だったと思います。知識が甘 ...

背中スイッチ 4

始めての出産の時 「あれも、これも」と子供の為といいつつで育児用品を買いそろえようとしていませんか? 特に、産休に入ると子供だけに意識が集中しやすくなり、出産準備に力が入ります。 私もそうでした。 育 ...

会社で子供の話ばかり 5

会社で子供の話をしすぎている人、嫌われます。 それは、相手に子供がいても同じです。 相手に子どもがいなければ、もっと気を付ける 相手に子供がいない場合は、もっと気を付けた方がいいと思います。それは、子 ...

-日常のあれこれ
-

Copyright© ママランス , 2018 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。