家事

年末大掃除は、本当に必要!?

更新日:

年末の大掃除って、どうもメディアに踊らされて、

「大掃除しなきゃ!!」

という焦りの気持ちが強くなっている気がしてなりません。

大掃除

あまりにも汚なかったらしなければならないのかもしれませんが、お掃除を習慣化して、その都度キレイにしておくと、年末だからという理由で大掃除しなくてもいいと思うのです。

確かに、年末に掃除するのは、新年を新たな気持ちで迎えて、それまでを感謝する儀式だとも思います。

でも、掃除するには、季節が悪い。掃除するには必ず水を使うし寒いです。

 

だから、わざわざ年末にする必要がないと思うし、合理性がないような気がします。

もっとあたたかい春などに行うのがベストな気がしています。

年末は、忘年会もあるし、年賀状の準備もあるし、仕事もギリギリまであるし、私は、ゆっくり過ごそう派です。

 

ようは、日々が大事という事。

お掃除の3つの種類

よく言われるのがお掃除には3つ種類があります。

  1. 日常(毎日)清掃
  2. 1ヶ月に一度の掃除
  3. 3ヶ月から、半年に1度の掃除

なんてカテゴライズされたりします。

1.日常(毎日)清掃は、床や窓、玄関、トイレ、お風呂等の毎日使うところ

2.1ヶ月に一度は、エアコンのフィルター、加湿器の中、お風呂のカビ取り、換気扇など

3.3ヶ月から半年に一度の清掃は、すすはらいとか季節もの家電の入れ替えに伴う掃除などです。

でも、どれもお掃除を習慣的にやっていれば、まとめてやる必要はありません。

毎日の積み重ねで大掃除しなくてもいい状態が作れます。

そう考えると特に年末だからと言って、普段やっていれば慌てる事はまったくないのです。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

まとめ

掃除は、習慣化する事でズボラな人でもマメにできます

お掃除の習慣化
お掃除を習慣化する3つの事

私には効果的なお掃除を習慣化(私の場合、動機づけ)する方法の3つを紹介します。   いつも気づくと物であふれかえっている部屋を、効率的に片づける工夫をしています。 よく母親に 「物を減らせば ...

 

誰にでも、できるのです。

それでもマメに掃除を習慣化できない人は、大掃除するなら少し暖かくなった春がおすすめです。

冷たい水に触らなくて済みますし、少し掃除が楽しくなるかもしれません。

 

大掃除から脱却するためには、毎日コツコツと、ついで掃除をしてみてください。

来年は、メディアに踊らされることなく、「大掃除の季節」という固定概念を払拭して、焦らなくても済む掃除の習慣化をしてみてはいかがでしょうか?

気持ちにゆとりが生まれて、気持ちが楽になると思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ランキングに参加

ランキングに参加しています。
クリックしてもらえると、とてもうれしいです!(^^)!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へにほんブログ村 美容ブログ 30代女磨きへ

他にどれを読む?

-家事

Copyright© ママランス , 2018 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。