日常のあれこれ

占いの受付という変なアルバイトで占ってもらった件

更新日:

学生の頃、電話占いの受付という変なアルバイトをしていました。

占い

求人には、「電話対応と事務処理」という名目で募集がかかっていました。

時給も1000円オーバーだし、電話のオペレーターなんて,ちょろいって感じで気軽に始めました。

占い業界の儲かっていることに驚いた

世の中、知らない世界がたくさんあると感じたアルバイトでもありました。

占いというと

”あやしい”とか”うさんくさい”いうイメージを持つと思います。

私も、なんでこんな会社に入ってしまったんだろうと最初は思いました。

親に電話占いの受付バイトを始めたって報告した時には、本気で心配されました。

 

しかし、働いている人も普通でした。むしろいい人ばっかり。

すっかり、楽しいバイトに変わっていきました。

ただ、社長はとってもおもしろく変わった人でした・・・。

 

毎日何百件という方から入電があり、占い師との橋渡しをするバイト。

 

結構地位の高い人や芸能人なんかもいたりして、占いってひとつのビジネスなんだなぁと始めて知りました。

主婦も多かったです。

そして、人の悩みは深いことも知りました。

 

そして、占いを通じて救われている人が多いという事実に、ただただ驚きました。

別に占いに頼らなくったって

ぶっちゃけ、占いって信じてなかったし、占い師さんにわざわざ相談するなんて、時間の無駄ぐらいに思っていました。

何で、こんなにも占いに頼る人が多いのだろうと不思議に思いました。

 

でも、友達でも占いが好きな子ってたくさんいたから、なんとなくはわかります。

占い師に応援してもらったり、励まされたりするのが好きなんでしょ。

きっと、背中を押して欲しいんでしょ。

自分で決める自信がないから、誰かに決めて欲しいんでしょ。

どうすればいいのか、助言が欲しいんだよね。

 

って思っていました。

 

人は、本当に悩んでいる時ってなかなか人に相談できません。

知り過ぎている友人に相談することを、ためらうこともあります。

全く同じ境遇の人なんて、だれ一人としていないから理解してもらえないことだってあります。

相談できないと苦しくて押しつぶされそうになるけれど、生きているから時間は流れていきます。

やりきれない思いを誰かに聞いて欲しい。

 

そんな気持ちを気軽に、しがらみもなく聞いてもらえる相手。

なかなか周りにいません。

そこで頼ったのが、占い師だったのかもしれません。

 

知り合いや友人には、言えないし助言してもらいたいけど、気持ちが収まらなかったり進むべき道しるべが欲しい・・・

そんな人が、占い師に相談をするのかもしれません。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

実際に占ってもらった

そんなこんなで、大学を卒業とともに占いの受付というバイトも辞める時がきました。

数年の年月がたっていたので、常連のお客様にも占い師の先生にも名前を覚えてもらえていました。

辞める旨を伝えて、丁寧にお礼をしたりしていました。

そしたら、霊感があるという先生が特別に占ってくれたのです。

生年月日と名前を伝えただけだったと思います。

特に悩みもなかったので、就職後のこと、結婚のこと、人生のこと

月並みのことを占ってもらうことにしました。

今でもその時のことは、よく覚えています。

占い結果

仕事は、

うまくいく。

結婚は、

(当時付き合っていた)彼氏とはしない。別のいい人が現れる。20代でできるから大丈夫。

人生は、

20代は周りの人にとても恵まれる。

30代は試練の時。自分の力で乗り切りなさい。

40代は、とってもいい。30代の努力が実る。

というような内容でした。

そして最後に、右側に気をつけなさい。

と言われました。先のことだから、「ふぅ~ん、そうなんだぁ。」という感じでした。

当たり障りがないと言ったらそれまでだけれど、相談している私も占いに対してあまり期待していなかったからかもしれません。

信じる・信じないという以前の問題で、あまり響かなかったのです。

 

右側に気をつけなさいの意味

それから、数日たったある日、私は自転車で坂道を下っているとき、カーブを曲がり切れず、

「あっ!」

と思った瞬間に宙に舞っていました。

右側を怪我して救急車で運ばれるというなんとも情けない自爆事故です。

幸い、木にふっとんだので、命に別状はありませんでしたが数十ハリを縫う怪我でした。

その後、急に怖くなりました。

先生は、これが見えていたのかと・・・。

その他の占い結果:約10年たってみて

仕事に関しても、20代はとても恵まれた環境で実績を残すことができました。

営業だったので、精神的にはきつかったですが、学びがたくさんあったと思います。

上司や同僚にも恵まれました。そんなこんなで、今の旦那と結婚。

順調に2人の子宝にも恵まれました。

2人目は、妊娠中のつわりがひどく退職しました。

 

30代は、試練の時。これも当たっています。

つわりで退職した後転職したのですが、中小企業でネットショップの立ち上げの仕事でした。

コンプライアンスもあってないような昔の会社にタイムスリップしたような感覚でした。

おくれている・・・。

こうも、会社で違うのかと思いました。

仕事内容も今までと全然違っていたので、勉強が必要でした。

子育てと両立しなければならないのに、帰れず泊まり込みで仕事という日もありました。

 

旦那も事故をおこしたり、もらったり、仕事がうまくいかなかったり、厄年だっけ?と思わずにはいられないことが続いています。

でも、占いによると『40代は、とってもいい。30代の努力が実る。』と言われたので、それを希望にして前向きに頑張っています。

 

振り返って、ようやく気づいた

占いで、もらった答えが希望になる!そう、今になって気づいたのです。

どんなにめげそうな状況でも、希望が見えれば進むことができるんだと思いました。

希望という光が見えなければ、出口のない迷路のようなもの。

みんな、占いから希望をもらっていたんだと思いました。

 

占いに限らず明るい未来が描ける手助けがあれば、人間頑張れるのかもしれません。

 

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ランキングに参加

ランキングに参加しています。
クリックしてもらえると、とてもうれしいです!(^^)!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へにほんブログ村 美容ブログ 30代女磨きへ

他にどれを読む?

人気記事

1

我が家では、最近、意識的に外食の数を減らそうとしています。 もちろんお財布にも優しいし何より、良いものが家の方が食べられる。 バランスも良く食べられるのがメリットだと思います。 そして、家族とゆっくり ...

野菜消費の推移 2

こんにちは、滝川です。 最近、ママ友からブロッコリーをよくおすそ分けして頂いています。 新鮮なお野菜っておいしいですよね。スーパーのブロッコリーにはそれほど食いつかない子どもたちですが、その新鮮で、と ...

葉酸を摂取する妊婦 3

私が初めて妊娠したのが5年以上前になるのでそのころから葉酸は、摂取した方がいいよという情報は確かにありました。 たぶん育児雑誌が教えてくれました。 でも、妊娠したらという情報だったと思います。知識が甘 ...

背中スイッチ 4

始めての出産の時 「あれも、これも」と子供の為といいつつで育児用品を買いそろえようとしていませんか? 特に、産休に入ると子供だけに意識が集中しやすくなり、出産準備に力が入ります。 私もそうでした。 育 ...

会社で子供の話ばかり 5

会社で子供の話をしすぎている人、嫌われます。 それは、相手に子供がいても同じです。 相手に子どもがいなければ、もっと気を付ける 相手に子供がいない場合は、もっと気を付けた方がいいと思います。それは、子 ...

-日常のあれこれ

Copyright© ママランス , 2018 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。