走る 運動

ランニングをはじめたらくるぶしの内側が痛いーその対処法ー

投稿日:

ランニングを始めて6週間がたちました。

当初感じていた全身筋肉痛状態は、抜けました。

股関節の痛みもただ単に運動不足だったようです。

1時間以上歩ける体力もできました。

距離にして10キロをキロ7分ペースで走れるようになりました。

10キロ走れた

 

どんどん走れる距離が伸びてきて、とても前向きに取り組めているのですが、1つ問題がありました。

左足首のくるぶし周辺が痛む

ひどいと走っている途中から痛みます。

ランニングも週に2~3回ペースなので、次に走る時は痛くありません。

次の日、歩く時にちょっと違和感があるかなというレベルです。

中1日おけば、治るので、病院に行くレベルではないのですが、気になるぐらいの感じでしょうか。

でも、なんとか改善したい!

解決法は、靴にあり!!インソールも追加

足首の痛みがあるということを走っている人に相談したら、ちゃんとしたランニングシューズを買った方が良いと言われました。

ランニングと言えば、靴ひとつで手軽に始められるものです。

やり始めの頃、勢いあまってろくに考えずにネットで、買ってしまったのです。

ナイキのランニングシューズ。

軽いし、とってもお気に入りなのですが、それが失敗だったようです。

 

だけど、2週間ぐらいたったころに、靴にはこだわった方が良いということがだんだんわかってきました。

足にくる衝撃が少ない方が良い。故障をしたら走りたいのに、走れなくなる・・・・

 

まだ、走り慣れていないので、筋力もないし足首に負担がかかっているのです。

ネットで買うメリットもありますが、ちゃんと試し履きした方が良いと思います。

 

走っている先輩におすすめされたランニングシューズを試し履きしてみました。

初心者へのおすすめは、

アシックスやミズノ。

クッション性が高いものがおすすめだとか。

お目当てのシューズがサイズがなかったり、色がなかったり結局買えませんでした。

私の足に合っていたのは、ウェーブライダーでした。

そんな時店員さんが、インソールを変えてみて足の様子を見てくださいと言いました。

 

お店で相談した時、外反母趾からくる偏平足ぎみだと言われたのです。

偏平足なんて認識は、全くなかったのですが、座っている時にはある足裏のアーチも立つと指も入らない・・・・

 

だから、インソールもできれば専用のものが良いと言われました。

 

おすすめされたものを早速購入。

インソールを専用のものに変えてみました。

クッション性があがったのと、靴に合わせてサイズ調整ができたのが良かったです。

インソール

そして、試しに5キロぐらい走ってみたのですが、とっても快適です。

足首に疲れが残りにくいと感じました。

ただ、いつもと違うクッション性があるので、違う筋肉が使われている感じがしました。

徐々に慣れる必要があるかもしれないと思いました。

使ってない時は、翌日サポーターが欲しかった感じなのですが、足をついても痛くないし、明らかに改善されました。

もし、悩んでいる人がいたらインソールを変えてみても良いかもしれません。

外反母趾を治すために足指・足裏トレーニングをする

外反母趾になった原因は、若いころのヒール生活です。

これで完全に足の形がかわってしまいました。

おしゃれの代償ですね。

お風呂の中や、ソファーに座っている時に、足の指をぐぅ~っとまるめたり、裸足で片足立ちしてバランスを足裏全体で乗せて立ってみたりしています。

すると、母指球のところだけで立つ癖になっていたということがよくわかりました。

それを意識的に足裏全体で立つように気をつけています。

すると、足裏の筋肉がつるような筋肉を使っているような感覚になります。

しばらく続けていきたいと思います。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ランキングに参加

ランキングに参加しています。
クリックしてもらえると、とてもうれしいです!(^^)!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へにほんブログ村 美容ブログ 30代女磨きへ

他にどれを読む?

-走る, 運動

Copyright© ママランス , 2018 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。