家事

私がやっている、日用品を節約するコツ

更新日:

滝川です。私がやっている比較的ゆるめな日用品を節約するコツを紹介します。

日用品って意外と毎月の出費になります。

家族が多ければ多いほど出費も大きくなるのが日曜品。

そんな日用品の節約のコツをご紹介します。

それでも、無理なくがモットーなので、節約も楽しくできる範囲でいいと思います。

日用品 節約のコツ

お掃除シートを買わない

意外とお掃除シートってバカにならないと思います。床用であれば約250円で約1カ月。

250円×12カ月=3000円

年間3000円の節約になります。

雑巾で十分。雑巾も使い古したタオルなどで十分です。臭くなったら捨てます。

着なくなった下着やタオルを雑巾にして洗うのがめんどくさい時にはそのまま捨ててしまいます。

うちは、床はモップで水拭きをして掃除機をかけています。

トルネード回転モップ
子供の食べこぼしの仕上げ掃除におすすめ!トルネード回転モップ

こんにちは、結構お掃除グッツが好きな滝川です。 わが家にお掃除が楽しくなるアイテムが加わりました。 じゃん!!トルネードモップです!! モップを買うまでのいきさつ 実は、子供がハウスダストアレルギーを ...

 

わざわざお掃除シートを買わなくても、家にあるものでなんとかなるものですよ。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

トイレットペーパーの活用

トイレ以外でも、トイレットペーパ―を結構活用しています。

ティッシュでふきがちなちょっとした汚れは、代用できるときはトイレットペーパーにするだけでちょっとした節約になります。

水気が多い時は、とけたりするので微妙ですが、慣れると結構いけます。

ティッシュは、鼻をかむとき。

あとは、トイレットペーパー。主にダイニングです。

台ふきんが一番いいのかもしれませんが、急ぎの時はさっととれるとこにトイレットペーパーです。

だから、我が家は匂い付のトイレットペーパーは買いません。

部屋に置く時は、匂いが邪魔になるからです。

水だけで汚れが落ちるスポンジやアクリルたわしで洗剤いらず

油が付いていないものなら水だけで汚れが落ちるたわしって最近は多いですよね。

そんなものを使っています。コップなどはそれだけで十分♪

洗剤の量も減ります。

お掃除洗剤は、4種類の洗剤でこと足りる

基本的に汚れを落とす種類は2種類あります。

手垢や油汚れは、アルカリ性でよく落ちる

水垢や石鹸垢は、酸性が良く落ちる

重曹やクエン酸などおばあちゃんの知恵袋なやり方もありますが、私は専用洗剤が好きという結論です。落ちもいいです。

だから、私の場合、最低でも4種類の洗剤が必要ということになります。

だけど、カビ取り剤や漂白剤など毎回強力な洗剤で掃除するのは、材質に負担をかけることになるので、頻度は少な目です。

一番は、汚れをためないことです♪

私が使っている4種類の洗剤は、

  1. 食器洗剤
  2. お風呂洗剤
  3. トイレ洗剤
  4. カビ取り剤

だから、べつに高級なものじゃなくても十分だと思います。水拭きでも十分なものもあります。

ガラスなどは、特に洗剤を使うのをやめました。

 

洗濯もキッチンも漂白剤は、オキシクリーンひとつ

オキシクリーンのいいところは、無臭なので、お気に入りの洗剤や石鹸でも使えるところも好きです。自然界に存在する生分解性の高い成分で構成されているので、エコな感じもします。

塩素系じゃないので、独特のつーんとした匂いがないのも◎

オキシクリーンを私は、こんな使い方をしています。

食器や水筒の茶渋対策

ふきんの漂白

洗たく槽の汚れ・カビ対策

靴下や白物の漂白(色物でもOK!黄ばみや血液、調味料の汚れ)

浴槽やトイレの掃除、

お風呂のバスタブで、いすやおけを漬け置き洗い

リビングの床

換気扇の漬け置き

注意点は、金属はステンレス意外NGなこと。シルクやウールもNGです。

日本製のオキシクリーンは、界面活性剤不使用なので、デリケートな赤ちゃんや肌の弱い人にも安心です。

 

ボディーソープではなく、固形石鹸

体を洗うものは、ボディーソープという固定概念になっていませんか?

実は固形石鹸は、コスパがいいと思います。

ボディーソープは、泡立ちがいいのが特徴ですが、基本固形石鹸で体は十分洗えます。

ボディーソープは、大半が水分です。値段も、固形石鹸なら半額以下で買えます。だから固形石鹸という選択は、節約なのです。

まとめ

日用品の節約のコツを書きましたが、旦那や子どもはやっぱりボディーソープが好きです。節約は、無理をすると続きません。

 

自分の生活で、固定概念にとらわれるのではなく、できるところから、見直してみてはいかがですか?

もったいないと思うところは、節約できるところかもしれません。

本当に生活に必要なものか選別するところから始めましょう。

すると自然とスリムな生活スタイルが見えてくるかもしれません。

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ランキングに参加

ランキングに参加しています。
クリックしてもらえると、とてもうれしいです!(^^)!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へにほんブログ村 美容ブログ 30代女磨きへ

他にどれを読む?

人気記事

1

我が家では、最近、意識的に外食の数を減らそうとしています。 もちろんお財布にも優しいし何より、良いものが家の方が食べられる。 バランスも良く食べられるのがメリットだと思います。 そして、家族とゆっくり ...

野菜消費の推移 2

こんにちは、滝川です。 最近、ママ友からブロッコリーをよくおすそ分けして頂いています。 新鮮なお野菜っておいしいですよね。スーパーのブロッコリーにはそれほど食いつかない子どもたちですが、その新鮮で、と ...

葉酸を摂取する妊婦 3

私が初めて妊娠したのが5年以上前になるのでそのころから葉酸は、摂取した方がいいよという情報は確かにありました。 たぶん育児雑誌が教えてくれました。 でも、妊娠したらという情報だったと思います。知識が甘 ...

背中スイッチ 4

始めての出産の時 「あれも、これも」と子供の為といいつつで育児用品を買いそろえようとしていませんか? 特に、産休に入ると子供だけに意識が集中しやすくなり、出産準備に力が入ります。 私もそうでした。 育 ...

会社で子供の話ばかり 5

会社で子供の話をしすぎている人、嫌われます。 それは、相手に子供がいても同じです。 相手に子どもがいなければ、もっと気を付ける 相手に子供がいない場合は、もっと気を付けた方がいいと思います。それは、子 ...

-家事

Copyright© ママランス , 2018 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。