妊娠・出産

妊娠で黒ずんたデリケートゾーンを対策♪

投稿日:

経験者は知っていると思いますが、妊娠すると色々なところが黒ずみます。

時間をかけてゆっくり元に戻って行くのですが、完全に元通りにならないのが悲しいところ。

  • 乳首
  • 正中線(お腹の真ん中の縦せん)
  • わき
  • ビキニライン

などなど。

妊婦になった時に、友達と温泉行った時に、あまりにも黒くなった乳首を笑われたことがあります。

自分でも笑ってしまうほど黒ずみました。

そんなこと妊娠するまで知らなかったのです。

 

だけど、やっぱり黒ずみって美しくないのです。

普段見えないところだから、「いいやっ!」て、開き直っているあなた。

 

やっぱり、キレイにケアした方がいい理由があるのです。

夏場、薄着をしているとワキがチラ見しちゃうことがありませんか?そこで黒ずんでいると引かれます。

ワキ以外にも、デリケートゾーンは温泉に行ったりすると見えます。

だけど、忘れてはいけないのが、旦那の存在。

いつまでも、大切に愛されたいですよね。

私が考えるケアした方がいい一番の理由は、愛する旦那に誤解されること。

 

男性は、妊娠で黒ずむなんて知らないのです。

女性のデリケートゾーンに対する、男性の意見がビアネージュの公式ページにのっていました。

男性の考えは、こうです。

遊んできたの!?

汚れているの!?

テンションが下がる 

 

本当は、遊んできたわけでも、汚れているわけでもありません。

しかし、残念ながら、そう誤解されるのです。

黒ずみは、汚れではなく、一種のシミなようなもの。洗えば取れるものでもありません。

でも、ケアしてキレイになれるのならケアした方がいいのではないのでしょうか?

家事に育児に仕事に追われて、どんなに忙しくても「女性」であることは忘れてはいけないと思っています。

だって、キレイに年をとりたいですからね♪

医薬部外品のビアネージュで簡単ケア

卒乳後にデリケートケアに最適!

1本で美白、保湿、くすみケアができるアイテムです。

効果・効能

肌あれ・あれ性。あせも・しもやけ・ひび・あかぎれ・にきびを防ぐ。油性肌。かみそりまけを防ぐ。
メラニンの生成を抑え、しみ・そばかすを防ぐ。日やけ・雪やけ後のほてりを防ぐ。肌をひきしめる。
肌を清浄にする。肌を整える。皮膚をすこやかに保つ。皮膚にうるおいを与える。皮膚を保護する。皮膚の乾燥を防ぐ。

と書いてあります。

 

シークレットレディ ビアネージュ

パッケージもとってもシンプルでデリケートゾーンのケアアイテムだとは思えません。

簡単に持ち歩けるサイズ感も◎

チューブの先も細くなっているので、出てくる量も調整しやすいです。

伸びも良くて、肌なじみもOK!

ビキニラインなどに塗る事も想定して、水をかけてみましたが流れ落ちることもなさそうです。

実際に使ってみました。

虫刺され2か所のうち1か所に毎日塗ってみました。

効果を同じ部位で試したかったのです。

私の使用は、一日1回お風呂あがりに塗っていたのですが、塗っていた方が治りが良かったと感じました。

画像で言うと、上が自然治癒、下がビアネージュです。

だいたいわからなくなるまで、3週間ぐらいかかりました。

ビアネージュは、私は効果を実感することができました。

黒ずみが少し早く改善されるイメージでした。ただ、即効性はありません。

ビキニラインやワキにも塗っていますが、恥ずかしいので虫刺されのビフォーアフターとなりますが、黒ずみが気になる人にはおすすめです。

愛する旦那さんのために、デリケートゾーンの美白をしてみませんか?

 

 

今なら【送料・代引手数料】無料です。

だいたいピンポイントの使用(私の場合は、虫刺されの部分をプラス)で1カ月分使えました。

肌のターンオーバーのことを考えると最低でも1カ月は使ってみた方がいい商品です。だからお得な定期コースの用意がしっかりされているのもうれしいです。

定期コースなら2,000円オフで購入できます。

デリケートゾーンだから、肌に合わなかったら嫌だなぁという人には、その都度コースというのもあって、単品購入もできます。

返金保証制度もあるので、試してみる価値はありそうです♪

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ランキングに参加

ランキングに参加しています。
クリックしてもらえると、とてもうれしいです!(^^)!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へにほんブログ村 美容ブログ 30代女磨きへ

他にどれを読む?

人気記事

1

我が家では、最近、意識的に外食の数を減らそうとしています。 もちろんお財布にも優しいし何より、良いものが家の方が食べられる。 バランスも良く食べられるのがメリットだと思います。 そして、家族とゆっくり ...

野菜消費の推移 2

こんにちは、滝川です。 最近、ママ友からブロッコリーをよくおすそ分けして頂いています。 新鮮なお野菜っておいしいですよね。スーパーのブロッコリーにはそれほど食いつかない子どもたちですが、その新鮮で、と ...

葉酸を摂取する妊婦 3

私が初めて妊娠したのが5年以上前になるのでそのころから葉酸は、摂取した方がいいよという情報は確かにありました。 たぶん育児雑誌が教えてくれました。 でも、妊娠したらという情報だったと思います。知識が甘 ...

背中スイッチ 4

始めての出産の時 「あれも、これも」と子供の為といいつつで育児用品を買いそろえようとしていませんか? 特に、産休に入ると子供だけに意識が集中しやすくなり、出産準備に力が入ります。 私もそうでした。 育 ...

会社で子供の話ばかり 5

会社で子供の話をしすぎている人、嫌われます。 それは、相手に子供がいても同じです。 相手に子どもがいなければ、もっと気を付ける 相手に子供がいない場合は、もっと気を付けた方がいいと思います。それは、子 ...

-妊娠・出産

Copyright© ママランス , 2018 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。