育児・子育て 保育園

年長の誕生日は、義務の終了のサイン!ジュニアシートへの切替はいつがいい?

投稿日:

生活しているとあれ!?何歳までチャイルドシートが必要だっけ?

チャイルドシート

とわからなくなったりします。

そこで、おさらいです。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

年長の誕生日は、義務が終了!いつまで使う?

キーワードは、年長の誕生日です。

 

6歳未満は、チャイルドシートの義務があります。

チャイルドシート(ジュニアシート)の使用は、道路交通法で義務付けられていて、6歳未満の子どもは全員、自動車に乗る際は、チャイルドシートに乗せる必要があります。

これに違反すると違反点数-1点が科せられますが、罰金はありません。

しかし、違反が軽いからとはいえ、大切な子どもを守る手段なので、ちょっとの外出でもちゃんと乗せたいものです。

年長になる頃には、成長と共に、すでにチャイルドシートからジュニアシートに変えている方が大半だとは思いますが、義務がなくなったからと言ってチャイルドシート(ジュニアシート)を使わなくてもいいのでしょうか?

 

それは、ちょっと違います。

まだまだ体は小柄です。

車のシートベルトは、大人向けにつくられているので、どうしても座高が足りなくて、首が苦しかったりするものです。

そして、腰ベルトも腰を支えるのではなくお腹を圧迫する位置にきてしまいます。

万が一の事故の時に内蔵を痛めてしまう原因にもなります。

車のシートベルトが着用できるのは、身長135センチ~140センチ頃からです。

わが家の息子もまだ、120センチ弱の身長です。

まだまだ、ジュニアシートにお世話になります。

ちなみに、4歳頃からエールべべの回転式のチャイルドシートから、グレコのジュニアシートに変えました。

エールべべの回転式のチャイルドシートは、本当に乗せるのが楽でした。

しかし、子どもが大きくなるにつれて毎回子どもを持ち上げるのが大変になってきました。

そこで、ジュニアシートに移行していきました。

このグレコのジュニアシートは、15キロ以上から使えます。ドリンクホルダーが付いているのと安いところ、そして背もたれを外すことができるので長く使うことができます。ヘッドサポートも6段階あるんで、体に合わせやすかったです。

わが家は、まだ座面だけの使用は、したことがありません。

うちの場合、キャンプに行ったり遠出したりすることが多いので、2年生になった娘も寝る時に首が固定されて楽だと、背もたれが欲しいといいます。なので、このままの状態で今でも乗っています。

ただ、正直せもたれと娘の座高が合わなくなってきそうです。そろそろ背もたれははずさないと逆に危ないと思っています。

 

ジュニアシートへの切替は、子どもの体重と身長が目安

特に法律でジュニアシートへの切替が決められているわけではありません。

2人目との兼ね合いもあるでしょう。

ただ、ジュニアシートにすると子どもは自由が少し増えるので喜びます。

グレコのジュニアシートの場合は、

身長の目安は、96㎝以上

体重は、15キロ以上という感じです。

3~4歳がスタート目安となっています。

できれば、座面プラス背もたれの方がしっかりホールドされるのでおすすめです。

 

子どもは、2歳くらいでも大人と同じように座りたがることが多いですが、大人しく乗っている保証は、ありません。

すぐに、危ない行動をとったり騒いだりは日常茶飯事です。

メーカーによって多少誤差がありますが、チャイルドシートがサイズアウトしたらジュニアシートへ切り替えると思っていてよさそうです。

ジュニアシートのサイズが合っていないというのは、安全ではありません。

適切な時期に切り替えてあげましょう。

 

 

 

まとめ

安全の事を考えると、6歳の誕生日がきて、義務がなくなったからと言ってもジュニアシートをはずすことはできなそうです。

チャイルドシートやジュニアシートは、乗る時に装着が面倒くさいと思うかもしれませんが、ちゃんと装着したいものです。

 

義務だからチャイルドシートを使っているわけではなく、万が一の事故の時に、子どもを守る手段がチャイルドシートです。

だから、単純に6歳になったから、チャイルドシートはいらないということではなく、子どもの体に合わせて親がどうシートベルトを使うか選択してあげることが大切です。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ランキングに参加

ランキングに参加しています。
クリックしてもらえると、とてもうれしいです!(^^)!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へにほんブログ村 美容ブログ 30代女磨きへ

他にどれを読む?

人気記事

1

我が家では、最近、意識的に外食の数を減らそうとしています。 もちろんお財布にも優しいし何より、良いものが家の方が食べられる。 バランスも良く食べられるのがメリットだと思います。 そして、家族とゆっくり ...

野菜消費の推移 2

こんにちは、滝川です。 最近、ママ友からブロッコリーをよくおすそ分けして頂いています。 新鮮なお野菜っておいしいですよね。スーパーのブロッコリーにはそれほど食いつかない子どもたちですが、その新鮮で、と ...

葉酸を摂取する妊婦 3

私が初めて妊娠したのが5年以上前になるのでそのころから葉酸は、摂取した方がいいよという情報は確かにありました。 たぶん育児雑誌が教えてくれました。 でも、妊娠したらという情報だったと思います。知識が甘 ...

背中スイッチ 4

始めての出産の時 「あれも、これも」と子供の為といいつつで育児用品を買いそろえようとしていませんか? 特に、産休に入ると子供だけに意識が集中しやすくなり、出産準備に力が入ります。 私もそうでした。 育 ...

会社で子供の話ばかり 5

会社で子供の話をしすぎている人、嫌われます。 それは、相手に子供がいても同じです。 相手に子どもがいなければ、もっと気を付ける 相手に子供がいない場合は、もっと気を付けた方がいいと思います。それは、子 ...

-育児・子育て, 保育園

Copyright© ママランス , 2018 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。